言ってはいけない言葉

お葬式に出席する際は、忌み言葉を言わないように注意しなければいけません。 縁起が悪い言葉は、使わないことを徹底しましょう。 それが、お葬式の正しいマナーです。 忌み言葉を平気で使っていると、常識を疑われます。 どんな言葉が忌み言葉なのか、知りましょう。

重ね言葉は忌み言葉に含まれる

またまた、度々というように重なる言葉があります。 日常的にも使いますが、重ね言葉は忌み言葉に含まれるのでお葬式中は言わないでください。 なぜ重ね言葉が嫌われるのかというと、不幸が重なるという意味に捉えられるからです。 別の言葉に、置き換えて話しましょう。

直接的な表現は避けよう

死んだという表現は、お葬式で好まれません。 忌み言葉だと思う人もいるので、死んでいる、生きているという言葉は使わないでください。 代わりに亡くなった、生前の頃というような言葉を使ってください。 不幸が繰り返されるような言葉も、使用を避けましょう。

言霊が大きく関係している

昔から日本では、言葉には魂が宿っていると言われます。
不吉な言葉をお葬式で言うと、縁起が悪いのでいけません。
不吉な言葉を、忌み言葉と呼びます。
知らずに忌み言葉を使っていると、常識がない人だと思われるかもしれません。
急にお葬式に呼ばれる機会があるかもしれないので、今から勉強してください。
消える、大変、落ちるなどの言葉が忌み言葉に含まれます。
お葬式ではスピーチをすることもあるでしょうが、このような言葉を使わないように注意してください。

いよいよ、重ね重ねなどの言葉は、重ね言葉と呼ばれます。
それは不幸が重なると捉られることが多いので、お葬式で使ってはいけません。
どのような重ね言葉でも、嫌われる傾向があります。
特に若い人は、忌み言葉という存在を知らないでしょう。
ですが年配の人は、気にすることが多いです。
会社で重役が亡くなった時は、若い部下もお葬式に出席します。
その時に、うっかり忌み言葉を言わないようにしましょう。

死ぬといった、直接的な言葉も使わない方が良いですね。
亡くなる、逝去といった言葉使って表現してください。
生きている時のことを話したい場合は、生前というのがベストです。
言葉をうまく置き換えてください。
直接的な言葉を使うと、遺族をさらに悲しませます。
不幸が続きそうな言葉も、忌み言葉に含まれます。
具体的に言うと、再び、繰り返しなどです。
意外な言葉も忌み言葉に含まれるので、お葬式に行く前に調べましょう。