>

重ね言葉は忌み言葉に含まれる

この記事をシェアする

言葉が重なる場合

重ね言葉は、お葬式の時に使ってはいけません。
不幸が何度も重なると言われ、非常に縁起が悪いです。
お葬式の時は、生前親しかったものがスピーチをすることがあります。
その時に忌み言葉を使うと、常識がない人だと思われて今後の人間関係にヒビが入ってしまいかもしれません。
スピーチを依頼されたら、前もって台本を書いてください。

使って良い言葉なのか調べながら台本を書けば、忌み言葉を使う心配はありません。
自分で描いた台本で大丈夫なのか不安だったら、知り合いに見てもらいましょう。
様々な人から意見を聞くことで、スピーチが完成すると思います。
事前に台本を書かずに、その場しのぎのスピーチをすると、忌み言葉を使ってしまいます。

年配の人は気にすることが多い

若い人は、忌み言葉を知らない傾向が見られます。
迷信だと思って、それほど気にしていない人も多いでしょう。
しかし、比較的年配の人は忌み言葉を意識しています。
若い人でも、会社の関係の人が亡くなった時に、お葬式に出席すると思います。
その時に忌み言葉を使うと、自分の印象が悪くなります。

重ね言葉も忌み言葉に含まれると理解して、意識して使わないように心がけてください。
きちんと礼儀正しい姿を見せていれば、印象が良くなると思います。
常識を持っている人だと、お葬式でアピールしてください。
忌み言葉がたくさんあるので、急に全部覚えようと思っても難しいでしょう。
お葬式に参加することが決まったら、その時点で注意点を勉強してください。