>

直接的な表現は避けよう

この記事をシェアする

どんな言葉に置き換えれば良いのか

言葉を発する前に、忌み言葉でないかもう1度よく確認しましょう。
忌み言葉だと思ったら、別の言葉に置き換えてください。
死んだ、生きているという言葉は、直接的なので避けましょう。
縁起が悪いわけではありませんが、遺族を悲しませるかもしれません。
亡くなる、逝去という言葉や生前と言えば問題ないでしょう。

遺族は、まだ大事な人が亡くなって心の整理がついていない可能性が高いです。
そんな時に無神経な言葉を使うと、悲しみを倍増させてしまいます。
死んでいる、生きているという言葉遣いは、いささか乱暴だと感じる人も見られます。
葬儀会場のような、厳かな雰囲気の中ではふさわしくないでしょう。
丁寧な言葉遣いを意識してください。

続きそうな言葉は避けよう

不幸が続きそうな言葉は、お葬式では言わないように意識しましょう。
再び、続いて、さらにといった言葉が、それに該当します。
また、お葬式では不吉な内容の話をしないように心がけてください。
病気で体調が悪いなどの話ではなく、故人との楽しかった思い出を語ってください。
みんなが楽しそうにすることで、明るく故人を見送ることができます。

体調が悪いという話をすると、次は誰だという話題に移るので非常に不謹慎です。
仮に体調が悪い日々が続いていても、お葬式という場では話さないでください。
忌み言葉の他に、話題にして良いことやいけないことも学んでください。
調べると意外と細かいルールが決まっているので、しっかり覚えてください。